« 4月29日より通常どおり利用いただけます | トップページ | 今こそ知りたい! 科学実験教室 「正しく学ぼう!放射線のこと」 »

2011年10月30日 (日)

本好きの方は必見!講座「本のワンダーランドへようこそ」11月開催

教養講座

「楽しい発見がある~本のワンダーランドへようこそ」

本と出会う楽しみをじっくりと学べる講座。本を愛し、本の面白さを伝えることに情熱を注いでいる3人のブック・スペシャリストをお招きして、どのようなカタチで本の楽しさを伝えているかを語っていただき、ステキな本を5冊紹介してもらいます。

●第1回(11月13日):「幻の名著に、新しい光を」

                      島田 潤一郎氏(夏葉社)

本好きの間で注目を集め、朝日新聞でも取り上げられた「ひとり出版社」である夏葉社の島田潤一郎さん。一人で出版社を起こし、企画・編集から営業まですべて一人でやりながら、埋もれた作家に光をあて、幻の名著を発掘・出版しつづけています。『レンブラントの帽子』(バーナード・マラマッド著)を手始めに、『昔日の客』(関口良雄著)、『星を撒いた街』(上林暁著)と次々と出版し、静かな話題を呼んでいます。  

   ☆夏葉社HP http://natsuhasha.com/

Photo

●第2回(11月20日):「本と出会う喜びを、もっと」

                    窪村 泉氏(オンライン古書店451)

もともと広告業界に身を置きながら、本好きが高じてオンライン古書店をスタートさせ、いつのまにか本業に。そのサイトは、サイトのネーミングからディスプレイする本の分類、紹介する本の撮影アングルまで凝ったもの。こだわりのサイトには、さまざまなジャンルの本がスマートに並び、店主の本選びのセンスの良さをうかがわせるオンライン古書店です。

   ☆オンライン古書店451 HP http://www.book451.com/

●第3回(11月27日):「本屋はもっと楽しくなる」

                    笈入 建志氏(千駄木・往来堂書店) 

本好きの人ならば一度は行ってみたいというのが、千駄木・往来堂書店。外観は普通の町の本屋ながら、単に新刊やベストセラーだけを並べた書店ではない。たとえば、たとえば「日本史」に絞った期間限定の特集コーナーがあったり、<文脈棚>といって、一つのテーマからそれに関連した本をジャンルにこだわらず並べていくコーナーがあったり、そこには<書棚は管理するものでなく、編集するものだ>という発想が活きています。まさに楽しい発見がいつもある、街の本屋さんです。   

   ☆千駄木・往来堂書店 HP  http://www.ohraido.com/

Photo_3

◆詳しくは、こちら。    

http://www.adachi-shogakucenter.net/system/public/ac05400c-2.html

« 4月29日より通常どおり利用いただけます | トップページ | 今こそ知りたい! 科学実験教室 「正しく学ぼう!放射線のこと」 »

募集中の講座」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1405977/42662697

この記事へのトラックバック一覧です: 本好きの方は必見!講座「本のワンダーランドへようこそ」11月開催:

« 4月29日より通常どおり利用いただけます | トップページ | 今こそ知りたい! 科学実験教室 「正しく学ぼう!放射線のこと」 »